廃車を点検してリサイクルに

img-1

廃車する車の処分方法を考える時、まず中古車販売店に売ると言う手段が考えられます。



中古車販売店は、買い取る車が安全面等の基準を満たしているかどうかを点検し、中古車として販売出来ると見込まれる場合には値段を付けて買い取ってくれます。



しかし、車があまりに古すぎたり、事故によって破損等をしていて中古車としての価値が極端に低くなっている場合、値段らしい値段も付けられず、買い取って貰えないというケースもあります。



このように買い取って貰いたい車の価値に自信がない場合は、解体業者に依頼すると車を中古車としてではなく金属資源として買い取って貰うことが可能です。

解体業者は古くなったり破損した車を点検し、中古パーツと金属資源として分解して再利用出来る部品の量や価値を査定して買い取ってくれます。



この際、2005年以降新車を販売する際に予め廃車の時のための処分費用も一緒に払うことになったので、廃車を処分する際にはリサイクル料金を払う必要はありません。

解体業者以外には、廃棄処分の車のパーツを取り外して買い取ることは法律で認められていません。



そのため、車を廃棄する前に記念として車のパーツを一部手元に残したい、他の部品として使いたいと思っているなら解体業者に依頼しなければなりません。

中古車としては買取の難しい自動車を廃車にする場合、解体業者に点検をして貰い、資源やパーツとして買い取って貰うと経済的にも環境的にも優しいと言えます。



関連リンク

img-2
廃車でも点検を良くしていれば部品の状態が良い

廃車にする自動車にはそれぞれの事情があります。中には、自動車税を納めておらずに車検や定期点検も行っていない場合ですと廃車になることも多いでしょう。...

more
img-2
最後は廃車でも点検を定期的にした方がお得です

かつては動かなくなったような自動車は廃車にするしかなかったです。しかし現在ではそんな自動車だったとしても、買取をしてくれる業者さんが増えていますので、活用をするのも良いでしょう。...

more
top